日本代表のFW大迫勇也は、チャンスで決めきることができなければ、勝つことは難しいと反省している。
日本は23日、国際親善試合でマリと対戦し、1-1のドローに終わった。しかし、PKで先制点を許し、攻撃はなかなか噛み合わず、試合終了間際のゴールで、辛くも引き分けに持ち込むという厳しい内容の試合となっている。
大迫はマリの強さに関して「予想通りでした」と語りつつ、前半のうちにゴールを奪う必要があったと認める。
「個々の意思統一もそうだし、なかなか噛み合っている部分は多くはなかったと思いますね。噛み合わずにパスミスが多かったので、あれじゃあ勝てないですね」
「決めきれない部分が多すぎた」と前半の出来を挙げた大迫。ヴァイッド・ハリルホジッチ監督も「ワールドカップではあんなにチャンスがない」と語ったとおり、本大会までに“決めきる力”を身につける必要があることは明白だ。