劇的決勝弾から一夜明け、日本代表MF井手口陽介が北朝鮮戦を振り返った。

EAFF E-1 サッカー選手権初戦が9日に行われ、日本代表と朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)代表が対戦。試合は1-0で日本が勝利した。勝利したものの、試合内容では苦しみ、井手口は改善点をこのように語る。

「やっぱボール取った後に横に蹴るパスが多かったので、やっぱ前に前に、のパスはもっと増やしていかないといけないと思うし、プラス裏やったりサイドに供給するパスっていうのがもっと増えればよかったんじゃないかなと思います」