EAFF E-1 サッカー選手権 2017 決勝大会の男子が16日に味の素スタジアムで行われ、日本代表は第3戦で韓国代表と対戦し1-4で敗れた。日本が3点差をつけられて韓国に敗れるのは1982年3月以来35年ぶりのこと。また、4失点は1979年6月以来38年ぶり、ホームでの4失点は初対戦の1954年3月以来63年ぶりとなった。

日本は開始3分に小林悠(川崎フロンターレ)のPKで先制。しかし、終始韓国にペースを握られ、前半のうちに3失点。後半にもオウンゴールで追加点を許した。