懐かしい感じもありました」
そう語るのは、日本代表に初招集されたFW中島翔哉だ。リオデジャネイロ・オリンピックでともに戦った選手と再会できたことがその理由だ。
やりやすさや違和感のなさを明かす中島は、ポルトガルで才能を開花できた要因を語る。大きかったことは、ポルティモネンセが受け入れてくれたことだったという。
「もうチームメートと監督のおかげだと思ってますし、自分を受け入れてくれたポルチィモネンセのおかげでここまで来られたと思うので、ここで精一杯やりたいと思います」
さらに、ポルトガルのスタイルが元々自分に合っていたとも語る。
「(自分の良さを)出しやすい環境ではあると思いますし、それぞれのスタイルが国ごとにもあると思うので、ポルトガルっていうのは自分にもともと合ってると思ってたので、それがこういう形に結果に出ているかなと思います」
ヴァイッド・ハリルホジッチ監督からは「爆発的なスピードがある」と述べられ、見てくれていたことが嬉しかったと明かす中島。指揮官には前を向いて仕掛けていく姿勢をアピールする。
「ボールを持ったら前を向いて仕掛けていくっていうのは自分の特徴ですし、そこはどのチームでやっていても出していきたいところなんで、うまく味方とプレーしながら出していければと思います」
「期待に応えなきゃいけない」と代表への意欲を語った中島。まずは挨拶代わりの、左サイドを切り裂くドリブルからの強烈なシュートが期待される。